Webライターにプリンターは必要?3つの活用方法で上質な記事に

PCがあればできるWebライターという仕事。

しかしプリンターが必要かどうか判断できず、

  • プリンターはあった方がいいの?
  • 持ってるけど活用方法がよくわからない

という方も多いと思います。

そこでこの記事ではプリンターの必要性を、家電量販店勤務のWebライターである私が解説します。

具体的には、

  1. Webライターにとってのプリンターの必要性
  2. Webライティングにおけるプリンターの活用方法
  3. Webライティングに合ったプリンターの選び方

の順番にご紹介します。

かんたんな内容ですし、記事の質が上がるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Webライターにプリンターは必ずしも必要ではない

webライター プリンター

ぶっちゃけて言うと、Webライターにプリンターは必ずしも必要ではないと思います。

津田

津田

終了!!!

・・・というわけにはいかないので、もう少し続けます。

プリンターが必要じゃないと言えども、あると便利なことが多いのも事実です。

Webライターの仕事自体は、基本的にPCだけで完結します。
プリンターがなくても特に問題ありません。

しかし、プリンターを使うことでアナログな視点で管理でき、思った以上にいい効果があります。

では具体的にどのようにプリンターを使うのか、私の実例とともに紹介しますね。

Webライターにおけるプリンターの主な活用方法

私が主にプリンターを使うシーンは、

  1. 推敲
  2. 書類の管理
  3. 名刺作成

の3つです。

ぶっちゃけ「推敲」だけでも、プリンターを使う価値はあると思います。

ひとつずつ解説していきますね!

1.推敲しよう

webライター 推敲
そもそも推敲とは

ライティング業務に欠かせない工程で、かんたんに言うと記事を見直すことです。

推敲のやり方は人によって千差万別だと思いますが、私はプリンターで印刷して赤入れしています。

これがかなり効果的。

津田

津田

モニターで確認しても気づけなかった違和感に、不思議と気づける!!

もちろん個人差はあると思うので、誰にでも当てはまるとは言えません。

しかし印刷した紙に、赤ペンで修正していくの、結構楽しいですよ♪

書類の印刷&保管をしよう

webライター ファイル 書類

書類の保管はプリンターで印刷して、アナログで保管するのもアリです。

Webライターに限ったことではありませんが、

  • 見積書
  • 発注書
  • 請求書

これらのような書類を取り交わすことは結構あります。

こういった書類をPDFで、PCに保存している方が多いのではないでしょうか。

データ保管だと場所もかさばらないので、メリットが大きいです。

津田

津田

しかし怖いのは、データが破損した場合。

バックアップがあれば復元できますが、結構手間です。

そもそも物理的な故障だと、バックアップも意味がありません。

アナログでファイルに保管するのが、実は安全なのです。

名刺を作成しよう

ちょっと主旨とずれるかもしれませんが、Webライターとして名刺を持っておくこともいいですね。

名刺を持つことで、

  • 営業に使える
  • モチベーションが上がる

のようなメリットがあります。

自己管理が重要なWebライターにとって、モチベーションの維持は大切。

津田

津田

オリジナル名刺を作ったときは、テンションが上がりました。

ただ名刺作成はプリンターでやるよりも、名刺作成サービスを利用した方が簡単な場合も。

完全オリジナルの名刺を作るときは、プリンターを使うのも考えてみましょう。

プリンターの種類を解説!Webライター向けモデルは?

プリンターと言っても、どれを選べばいいのかわからない方も多いと思います。

プリンターの種類は大きく分けて、

  1. レーザープリンター
  2. インクタンクプリンター
  3. インクカートリッジプリンター

の3種類があります。

ざっくりとした比較はこちら。

本体価格ランニングコストカラーの表現
レーザープリンター
インクタンクプリンター
インクカートリッジプリンター

それぞれに特徴があるので、簡単に解説しますね。

1.レーザープリンター

レーザープリンターは、ビジネスシーンでよく使われるプリンターです。

  • 低ランニングコスト
  • 印刷速度の速さ
  • 本体価格は高め

が特徴で、現在では家庭用モデルもあります。

モノクロとカラーの2種類があるので、使い方によって購入するモデルを決めましょう。

津田

津田

推敲や書類管理だけでいい方は、モノクロで十分です!

カラーモデルと言っても、繊細な色表現は苦手で、写真印刷には不向きです。

図表などの印刷は得意分野なので、図解を用いた記事是タイを確認したい場合は一考の価値ありですよ!

2.インクタンクプリンター

今回紹介する3種のプリンターの中では、もっとも新しいタイプのプリンターです。

インクジェット方式は昔からありますが、従来のカートリッジタイプと比べて、

  • 低ランニングコスト
  • 本体価格が高い

という特徴があります。

従来のカートリッジタイプのプリンターと違い、インクを直接補充するのがポイント。

インクの補充が大変そう…

ところが意外とかんたんで、機械が苦手な方でもできるように設計されています。

3.インクカートリッジプリンター

もっともポピュラーで、種類も豊富なプリンターです。

家電量販店でかんたんに手に入るほか、

  • 本体価格が安い
  • カラー性能が1番高い
  • ランニングコストは高め

といった特徴があります。

色の種類がもっとも多いため、写真印刷に真価を発揮します。

Webライティングという観点では、あまり必要ないかもしれません。

しかしわからないことがあれば、家電量販店で気軽に聞くことができるのは助かりますね。

本体価格も安いですし、多用途に使う場合はカートリッジ式がおすすめ。

ちなみにインクカートリッジが高価なのは、カートリッジに含まれるICチップが原因です。
タンク式はICチップがないから安い、という豆知識でした。

まとめ:Webライターにとってプリンターはあって損なし!

Webライターにとってプリンターはなくてもいいけど、あった方が便利なアイテムだと思います。

この記事の内容を、かんたんにまとめますね

プリンターの必要性
  • プリンターはなくてもいいけど、あった方が便利
  • 推敲、書類保管、名刺印刷に使える

そして、

プリンターの選び方
  • ランニングコストとWebライターの業務のみなら、レーザープリンター
  • 初期費用がかかっても、低ランニングコストがいいなら、インクタンク式プリンター
  • 初期費用を抑えたい、もしくは多用途に使うなら、インクカートリッジ式プリンター

でした。

持っていて損はありませんし、安いものなら1万円以下で購入できます。

Webライター業のサポートに、ぜひご検討くださいね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です