ダイソー商品でドライヤースタンドをDIY!費用はたったの110円

こんにちわ。100均が大好きな津田(@twitter)です。

実は思うところがあって、部屋の模様替えをしたのですが、

津田

津田

どうにも、ドライヤーの置き場が定まらん……!!

と困り果てました。

そこで検索したところ、いい記事があり100均素材でDIY!

私以外にも、

ドライヤーの収まりが悪くて困ってる……

意外とかさばる……

と、困っている人のために画像付きで解説します!

この記事を読むメリット
  • ドライヤースタンドの作り方がわかる
  • 部屋が片付くので、広く使える

すべての材料は100均で購入できるので、費用もかかりません!

DIYが苦手な人でも問題ありません。簡単ですよ!

1.ドライヤースタンドの元記事を紹介

ドライヤースタンドを作るとき、私ではうまく思いつかなかったので、Google先生に聞いてみました。

心惹かれたドライヤースタンドの記事がこちら。

津田

津田

超簡単そう!!

さっそくダイソーまでドライブ。

材料と工具をそろえました。

必要な材料
  • 木製お皿立て
  • 滑り止めシート
必要な工具
  • 細めのノコギリ
  • 接着剤

買ったのは「木製お皿立て」のみ。

他はもともと家にありました。

それでは材料と工具がそろったところで、作っていきます!

2.100均のみでドライヤースタンドを作る手順

簡単に手順を紹介。

  1. 「お皿立て」を加工する
  2. 滑り止めシートを巻く
  3. 収納場所に設置する
  4. ドライヤーを置いてみる

順番にどうぞー!

2-1.「お皿立て」を加工する

買ってきた「お皿立て」がこちら。

ダイソーの木製お皿立て
ダイソーの「木製お皿立て」

そして私が使っているドライヤーがこちら。

愛用のドライヤー
愛用のNational製ドライヤー
津田

津田

なんと「National製」です!

かなりの年代物。

調べてみたら、2005年に発売されたものでした笑

さてさて。

ドライヤーの幅に合わせて、「お皿立て」の柱をノコギリでカットしていきます。

私の場合はこんな感じ。

加工後のお皿立て
加工済みの「お皿立て」

愛用ドライヤーは、なかなかのわがままボディ。

持ち手部分だけでなく、上の方もカットしないと収まりませんでした。

ちなみに、ズームにするとこんな感じです。

加工後のお皿立て ズーム
加工済みの「お皿立て」

柱と柱の間は3cmほどしかありません。

ノコギリは、コンパクトなものを使って下さいね。

2-2.滑り止めシートを巻く

最初、この工程を予想していませんでした。

ここで、もう1度加工済み「お皿立て」。

加工後のお皿立て
加工済みの「お皿立て」

あまりにもドライヤーが大きすぎて、入りきらなかったのです。

滑ってずり落ちてしまうため、滑り止めシートを巻きました。

2-3.収納場所に設置する

設置したドライヤースタンド
ドライヤースタンドを設置

棚に設置しました。

この棚もDIYしたものですが、材料をつなぎ合わせただけの簡単仕様です。

あとはドライヤーを置けば完成です!

2-4.ドライヤーを置いてみる

さて。

これが、完成図だ!

ドライヤーを置いた
ドライヤーを置いてみた
津田

津田

思った以上によい♪

微妙なデッドスペースの活用もできました。

取り出しが簡単なので、ストレスもありません!

これなら髪が早く乾きそうです。無理か。

3.まとめ:ドライヤースタンドをDIYすると部屋の見栄えがよくなる

超絶簡単なドライヤースタンドの作り方でした。

思いついた人、本当にすごいです。

必要なものと手順をもう1度まとめておきますね。

必要なもの
  • 木製お皿立て
  • 滑り止めシート
  • ノコギリ
  • 接着剤
作成手順
  1. お皿立てを加工する
  2. 滑り止めシートを巻く
  3. 収納場所に設置する
  4. ドライヤーを置いてみる

材料費も全然かからないので、本当におすすめです。

あなただけのDIYがあれば、教えて下さい。

一緒に楽しいDIYライフを送りましょう!

4.おまけ

撮影中に「お皿立て」に興味を持ったうちのねこ。

「お皿立て」に興味を持ったねこ

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です